無防備な日焼けのせい

美肌の秘密をはっきりというと、肌の水分をどれくらい保つかといえると思います。

水分量が豊富ならば、生まれたての赤ちゃんのような弾力性のある肌になります。

水分はお手入れなしではすぐに乾燥してしまいます。

十分な量の化粧水で潤したら、たっぷりな馬油クリームで膜を作るのが大切です。

35歳ともなると、服などで隠せない顔や手の部分にシミがあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。

原因はよくわかっていて、無防備な日焼けのせいです。

子どもが生まれ、少し大きくなって平日は二人で、休日は夫と共に近くの公園まで出かけ、午前中たっぷりと遊ばせました。

身支度はもちろん、子供が最優先です。

よっぽど早起きでもしない限り、自分の日焼け対策にまで手が回りません。

それでも、日焼けしてシミになってからでは手遅れなのです。

時間をひねり出してでも、プロテオグリカンの化粧品などで対策すべきでした。

色素沈着や紫斑、赤あざが生まれつきお肌にあり、気にしている方をよく見かけます。

こうしたシミなどは絶対消えないと諦めている方が多いようですけど、最新の医療を受ければ、全く跡が残らないとは言えなくても、目立たないくらいに薄くすることは十分できます。

シミやアザなどがあることでコンプレックスを感じる方は、専門の医療機関でカウンセリングを受けてみましょう。

治療を受けてシミなどを消した方のお話をできるだけ集めると、参考になるかもしれません。

当然人によって差は大きいはずですが、実感としては38歳、この頃にシワは顔の一部となるように思います。

なにしろ、この年齢になると体の疲れはなかなか消えてくれないし、巨大なクマやほうれい線がなんだか急に存在感を大きくしてきた気がします。

38歳になるまでは、肌の調子がすごく落ちていても、ケアを施せば次の日、元気になっていたと思うのですけど、38歳になって、またそれ以降はお肌の調子が整うまで、かなり時間がかかってしまい、疲れが残った状態が続いてしまっているのです。

緑茶の茶葉は、最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。

カテキンは、ビタミンCの酸化を抑えてビタミンCの力を十分発揮させる作用があるのです。

活き活きした白い肌を保つために有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、カテキンとビタミンCの両方を同時に摂っていくことで、表皮にメラニン色素が残り、シミができることを防ぐことができます。

私の母が顔を朝洗う場合、ソープや洗顔フォームを用いません。

母は水以外のものを使わずに顔を洗う人なんです。

母が言うのには、石鹸や洗顔フォームで洗顔すると、せっかくの皮脂成分が全部落ちてしまってお肌にとっていいことではないから水だけでいいと、石鹸不用説をよく言います。

そんな母のお肌は65歳でもきめこまやかです。

辛うじてでも若々しくいたいと思うのは女の人ならある程度共感して頂けることだと思います。

実際の年齢より若く、とまでは言いませんが、プロテオグリカンの化粧品で予想どおりエイジングケアは意識し続けたいものです。

 

 

条件が揃えばシワはできます

自分に合った美白化粧品を探すのは、なかなか大変ですよね。

シミがある方の場合、まず、どのような種類のシミなのか把握することが必要です。

自分のシミに対応した化粧品でないと、却ってお肌に過剰な刺激を与えてしまいます。

肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢に影響するため、厄介なものです。

そもそもシミとは何なのかというと、肌の細胞の内で作り出されたメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。

お肌のターンオーバーを活性化できれば、シミの軽減が期待できるのです。

ですが、市販のピーリング剤によってお肌の古い角質を取り除くと、効果をより実感できることでしょう。

ですが、ピーリングによる過剰なケアは、かえってお肌にダメージを与えてしまうことになりかねません。

でも、若いうちから肌にこだわる人は、なかなかいないかもしれません。

どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、肌のケアもしないで、まだ何のケアしなくても、若いうちは大丈夫と考えている人はいます。

でも、意外かもしれませんが、20代の肌にも条件が揃えばシワはできます。

肌にシワができる原因は、肌に与えらえる紫外線の刺激や乾燥によるダメージですが、そのダメージが日々積み重なっていくことが、じわじわと肌に影響を与えます。

そういうことですから、ハリのある健康な肌をできるだけ長くキープしたい場合は、ぜひ20代のうちに、アヤナスBBクリームでスキンケア習慣をつけておいた方がいいです。

たとえ同量の紫外線を浴びたとしても、肌に出来てしまうシミというのは、人によってそれぞれ違いが見られます。

要するに、シミに出やすいタイプの肌があるのです。

詳しくお話ししますと、色が白くて、きめの細かく整った、いわゆる美肌です。

見分けるコツとしては、夏場、日焼けすると赤くなってしまうタイプの人です。

美肌は、とってもデリケートに出来ていますから、女性によっては、顔にできてしまったシミでお悩みの方も多いと思います。

皮膚に現れたシミに効き目がある、とされている食材の一つとして挙げられるのが、はちみつなのです。

はちみつが含んでいる成分には、シミの色素を薄くする効果があるそうです。

なので、皮膚に現れた色素沈着、つまり、シミやそばかすなどを目立たないようにする効き目があります。

シミが無ければ良いのにと、お悩みだったらぜひハチミツを試してみたらいかがでしょうか。

飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、美肌効果も期待できます。

酒粕パックは手軽にできて、お肌のくすみ対策になるようです。

酒粕をちぎって細かくし、容器に入れて水を加えてペースト状にし、固まりがなくなるようにすりつぶしていきます。

小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、全体がなめらかになれば、立派な酒粕パックです。

ただし、アルコールに弱い方には勧められませんから、アヤナスのBBクリームでスキンケアする方が一番無難です。

 

 

ひたすらお米が食べたい

私は、とにかくご飯が大好きなんです。

もしも、あと1日後に地球が滅亡するとしたら、あなたは何をしますか?という質問があったとしたら、答えは簡単です。

とりあえず、ご飯を5合くらい炊いて、一気食いするでしょうね。

一杯目は玉子かけご飯、2杯目は納豆、3杯目はふりかけ、4杯目はお茶漬けと以後続く感じです。

現実的にそんな余裕などあるわけありませんが、普段はどうしているかというと、仕事やその他諸々でストレスがたまった時などは、ご飯を3合炊きます。

1杯目は醤油かけご飯で、2杯目はキムチの素かけごはん(キムチではありません。)。

3杯目は味噌まぶしご飯(普通のお味噌を混ぜるだけ)、4杯目がマヨネーズと七味唐辛子かけご飯です。

さすがにこれ位が限度ですが、食べ終わる頃には悩みなどすっ飛ぶ位の満腹感に襲われます。

私の場合、おかずやふりかけは必要ありません、とにかく、ひたすらお米が食べたいのです。

子供の頃、父親が高血圧だった為、納豆にかける醤油はスプーンできっちり測った量しかかけてもらえませんでした。

納豆にタレが添付される前の話で、これって本当に醤油かかってるの?と思うくらい味がしませんでした。

ご飯の量も茶碗に軽く一杯と決められていたので、おかわりしたくても出来なかったのです。

そのため、自立したら思う存分、醤油をかけたご飯が食べたい、ご飯を何杯もおかわりしたい、そんな思いがどうやら歪んだ方向に進んでしまったようです。

現在は一人暮らしの為、私が法律だと言わんばかりの暴飲暴食ぶりが祟って、結局自分も高血圧になってしまいました。

でも、やっぱり太ったデブになっても、お米の大食いがやめられないのです。

昨日も「あ~頭来た!」とか、何とかブツブツぼやきながら、ご飯のフルコースを堪能しました。

ちなみに、そんな私にも彼氏がいるのですが、彼氏の前では少食に抑えています。

しかし、いつかその反動が出て体重が増えて、彼氏に引かれることを恐れています。

そこで、ダイエットに簡単なサプリはないかと探してたら、slimfor(スリムフォー)という機能性表示食品のダイエットサプリを見つけました。

slimfor(スリムフォー)の口コミを読んでも、中々良さそうなので、太ってデブになる前に、このサプリを飲んで痩せようと思っています。

 

 

大量に壊れてしまうのです

喫煙する人は美白になれない!なんて言うことを、よく耳にしますよね。

確かに、メディアや美容家などの間でも、本当に白い肌になりたいなら、喫煙は今すぐにでも止めるべきだと言っています。

そのりゆうの第一に挙げられるのが、喫煙によって引き起こされるビタミンCの大量消費です。

喫煙すると、美白には不可欠なビタミンCが、大量に壊れてしまうのです。

また、産後に体質が変わっ立という話は良くききますが、肌もその例に漏れないようです。

産後は生理的にも、ホルモンバランスが大聞く入れ替わる時期です。

なので、しわやシミ、肌のたるみなどが生じやすく、身体的にも気分的にも大きな負担となります。

さらに、表皮の再生を促すホルモンも出産によって急に減ってしまうため、肌が荒れやすく、極端に乾燥しやすくなります。

そうなると、表皮バリアも薄くなり、肌が敏感になったりします。

そのため、美白ケアするなら、低刺激で無添加のクレアフォートなどを選んでケアしましょう。

ただし、日頃から色々な保湿商品を使っていると、逆に肌が本来持っている保湿機能が低下してしまいます。

そのため、美白ケアだけに特化するなら、クレアフォートの美白ジェルだけで十分だと私は思います。

なお、クレアフォートの口コミには、甘いものはつい食べてしまいがちですが、糖質を摂り過ぎると、肌のくすみの原因になると書いてありました。

なぜなら、糖分は体の中でタンパク質と反応しやすく、老化の進行を早める糖化物質が多く生み出されるからだそうです。

そして、肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができて糖化産物の色が目立って黄ぐすみが生じます。

それだけでなく、シミやしわ、たるみなども生じたりする事態になってしまいます。

なので、美白ケアやシミやクスミ、しわなどを増やしたくないのなら、できるだけ糖分は控えたほうが良さそうですね。

私の場合は、美白ケアと、うるおい不足の乾燥や小じわが気になるので、成分に保湿の効果があるクレアフォートが今一番気に入っています。

 

 

簡単に決めていました

私は元々の趣味なら、絵を描くことが一番でした。

でも、子供が生まれてからは、時間をまとめて取れなくなってしまいました。

集中して描くために時間が足りなくて、結局、絵はラクガキしか出来なくなってしまったのです。

それからは、特別な趣味とも言えなくなっていました。

ところが、子供の保育園の入園が決まって、準備をしなくてはいけなくなりました。

その頃から、用意しなくてはいけないレッスンバッグやシューズバッグ、お着替え入れなどの布小物をどうするかを、案外と簡単に決めていました。

子供が好きなキャラクターは、当時あまりグッズ化されていなかったのです。

でも、布なら手芸店に行けば、いっぱい店頭に並んでいました。

なので、子供が楽しく登園できるように、お店で買える物ばかりだったけれど、全部手作りしてのがきっかけでした。

何かを作るのは子供の頃から好きで、だから苦もなく楽しめてしまったのも、原因でしたけどね。

入園準備で作ったものは、簡単に作れる直線断ちで、まっすぐ縫うだけの物ばかりでした。

でも、子供は自分だけの物、自分のために作られた物を、少しいびつに仕上がってしまっても、とても喜んでくれました。

そして、私も喜ぶ子供を見て、作る楽しさに目覚めた感じでした。

簡単な巾着袋をいくつか作って、リュック代りのナップサックも作り、次第に手の込んだ物を作るようになりました。

一番作るのが大変だったのはリュックサックでした。

初めてするアップリケは、子供の好きなキャラクターで挑戦してみました。

作った立場としては、アップリケは微妙に失敗でした。

ですが、子供はやっぱり大喜びで、アップリケ以外でも苦労しただけに、子供の喜んだ顔が本当に達成感にもなりました。

その後、下の子の入園準備も同じく手作りでこなし、上の子の入学準備でも、また新たに作り直したり、学校指定の様々なカバンを作りました。

最初は「仕方ないなぁ」という感じが、なかったとは言えないけれど、今は作ることそのものがとても楽しいです。

そして、それを子供達も喜んで使ってくれるので、励みにもなっています。

もっともっとたくさん作って、腕を上げたいと思っているところです。